茶事

正午の茶事_正客編(制作中)

更新日:

正午の茶事

席入りまで

玄関
●開始予定時刻の15分前には到着する。
●玄関に撒き水がしてあれば、準備ができているということなので、呼び鈴を鳴らさずに入って行く。
寄付き・待合
●待合に入って待つ。
●自己紹介。「正客を務めさせていただきます。よろしくお願いします」
●詰めにもあいさつ。「よろしくお願いします」
●会費と手土産を集めて袱紗をかけておく。詰めに渡す。
●半東が汲み出しを持って来たら、「ご一緒に」と連客に言って飲む。
●飲み終わったら、「それでは」と言って、露地へ。
露地
●座って待ち、亭主が来たら、正客は数歩前に出て無言で礼。
●亭主が戻るのを見送ってから、元の場所に座る。
●一息ついてから、「お先に」と言って、つくばいへ。
●草履を履いたら、次客のために草履を揃える。
つくばい
●ハンカチを左の石の上に置き、右手で柄杓をとる。
●掬った水で左手を清め、左手に持ち替えて右手を清める。
●再び右手に持ち替えて、左手に水を乗せ、口を清める。
●柄杓を立てて、残った水で柄を清め、柄杓を元どおりにおく。
●ハンカチで手を拭き、立ち上がる。扇子を出し、右手に持って茶室へ。

席入り

●扇子を置いて中を眺め、入室。
●掛け軸を見たら、斜めに横切って釜を見る。仮座で全員が掛け軸を見終わるのを待って、正客の席へ。
●亭主が障子を開けたら、「どうぞお入りください」と言って、扇子を出して一歩前へ出る。
●「本日はお招きいただき、ありがとうございます。大変楽しみにしてまいりました」と言って、礼をして戻る。
●次客以降も挨拶が終わったら、再び一歩前へ。
●「路地も掃き清められていて、大変清々しく、つくばいの風情も大変結構でございました」
●「また待合では香煎茶をありがとうございました。温まりました」
●「本席でございますが、お軸は?」
●亭主が説明を終わると、「それではお炭を」というので、無言で礼。

初炭

炭点前
●亭主が釜を上げたら、釜の作や形を尋ねる。亭主は答えながら炭点前を進める。
●亭主が初掃きを始めたら、次客に「お先に」と言って、炉縁へ。
●点炭の時に詰めから戻って行く。
香合
●亭主が香合の蓋を閉めたら、「お香合の拝見をどうぞ」と言い、香合が出たら、縁内に預かっておく。
●亭主が退室したら香合を縁外で拝見。次客へは縁内で送る。
●お詰めが香合を戻して来たら、前に出て受け取り、香合を返す。
●亭主が入って来たら、「結構なお香合をありがとうございます。このお香合は?」と訊く。
●亭主が答えたあと、「それでは粗飯を」と言うので、一礼。

懐石

●亭主が膳を持って入ってくるので、一歩進んで待ち、亭主が座ったら両手で受け取り、持ったまま一礼。
●膳を置いて一歩下がり、次客に「お先に」と言って、膳を半かけに取り込む。
●全員に配膳され、亭主が「お箸をお取り上げを」というので、黙礼。
●茶道口が閉まったら、「それではいただきましょう」
●全員揃って、飯碗と汁椀の蓋を両手で取って、左手の飯碗の蓋に汁椀の蓋を伏せて重ね、右に置く。
●箸をとり、飯碗を左手に、一口。汁椀を取って一口。これを繰り返す。
●食べ終わったら、箸先を膳の左縁にかけ、両椀の蓋を取って、両手で同時に蓋をする。
初献
●亭主が酒をつぎに来る。食べ終わっていなくても蓋をする。
●正客の前に来て勧めたら一礼し、次客に「お先に」。
●盃台ごとおしいただき、盃を全部手前におろし、一番下だけ残して、盃台に戻し、次客に縁内で送る。
●盃を取り上げ、亭主についでもらい、飲む。
●盃を向付の右に置き、向付を取り上げ、左手に持って箸をつける。
ご飯と汁椀のおかわり
●亭主が飯器を持って来て、正客の前に置き、「おつけしましょう」と言うので、「どうぞおまかせを」と辞退する。
●亭主が「ではお汁をおつけいたしましょう」と言うので、「恐れ入ります」と言って、汁椀を盆に乗せる。
●飯器の蓋を取って、上向きにして次客に手渡しで送る。
●飯碗の蓋を取り右に置き、飯器を左手で抱えるように持ち、飯を自分の分だけつぐ。
●飯器を次客に手送りで送り、飯碗に蓋をして待つ。
●亭主が汁椀を持って来るので両手で受け取り、置いておく。
●亭主が詰めに汁椀を渡し、退室したら、また食べ始める。
煮物
●ご飯と汁椀を食べ終えた頃に亭主が煮物を持って来る。
●正客の膳の向こうに置くので、一礼。
●次客以降の分も配り終え、「どうぞ温かいうちに」と言ったら一礼。
●両手で煮物椀を取り上げ、左手のひらにのせ、右手で蓋を取り、膳の右向こうに置く。
●食べ終えたら、蓋をして、膳の向こうに置く。
第二献
●亭主がお酒を持って来る。煮物が途中なら蓋をして待つ。
●次の焼き物は向付の器に取るので、向付はこの頃に食べ切っておく。
焼き物
●亭主が焼き物鉢を正客の前に置き、「どうぞお取り回しを」というので、一礼。
●次客に「お先に」と言って、鉢を取り上げ、左手に乗せて、右手で向付の器に一切れ取る。
●鉢は次客に手送りする。
進肴
●焼き物と同様。
二度目の飯器
●亭主が飯器を持って来るので、今回も「どうぞおまかせを」。
●亭主が汁替えを勧めるので、「もう十分いただきました」と辞退する。
●亭主は茶道口にさがり、「水屋で相伴させていただきますので云々」と言うので、「お持ち出しの上で、ご一緒にいかがでしょう」と言う。亭主は辞退する。
●茶道口が閉まったら、飯器の蓋を取って、次客に手送る。
●飯碗の蓋を取って右に置き、今度は十分についで、次客に回す。飯碗に蓋をして待つ。
●詰めがつぎ終わったら、「最後に湯漬けが出ますので、一口だけ残して置いてください」と言って食べ始める。
●詰めから焼き物鉢が来たら、拝見し、次客に回す。
●煮物椀を食べたら、ティッシュで清めておく。
●亭主が頃合いを見て器を下げに来る。「お相伴いたしましたが、不加減で」と言うので、「まことに結構に戴きました」と言う。
小吸物椀
5●亭主が小吸物椀を持って来て、煮物椀を下げる。次客以降も配った後、「どうぞお吸い上げを」と言うので、一礼。
●椀を取って左手に乗せ、蓋を椀の置いてあった場所に置き、箸を汁の中で洗い、吸い切る。
●蓋をしてもとの場所へ。5
八寸
●亭主が八寸を持って来るので、酒をついでもらう。
●飲んでいる間に、亭主は小吸物椀の蓋に海のものを乗せる。5
千鳥の盃
●亭主が「どうぞお流れを」と言うので、「どうぞ別盃(べつばい)のお持ち出しを」と言う。
●亭主は次客以降も同様にした後、正客の前に再び座る。
●亭主が「ぜひに」と言うので、懐紙を出して盃の縁を軽く拭き、盃台にのせて正面を向こうに回して亭主に差し出す。
●亭主は次客に酒をついでもらう。
●この間に正客は、八寸をひきよせ、数枚重ねた懐紙を出して右向こう角を折って、海のものと山のものを乗せて亭主に勧める。八寸の向きは亭主の方に替えておく。
●亭主が詰めまで行った後、正客前に戻り、盃を返すので、酒をついでもらって飲む。
●飲んだら、懐紙で拭いて、盃台にのせ、亭主に出し、亭主に酒をつぐ。
●燗鍋を亭主に向けて置き、「どうぞご納杯を」。
●亭主が「それではこれで納杯させていただきます」と言うので、「どうぞお湯を」と言う。
●亭主が八寸などを片付けて水屋に下がる。
●客一同は、小吸物椀をティッシュで清め、膳の正面に置く。
湯斗・香の物
●亭主が湯斗と香物鉢を持って入り、配る。
●亭主が茶道口から出て行く時、「お湯が足りませんときはどうぞお手をお鳴らしを」と言うので、「ことによりましては」。
●茶道口が閉まったら、湯斗の蓋をとって次客に仰向けに手送る。
●次礼をして香物鉢を左手に乗せ、香物を向付にとる。
●飯碗、汁椀の蓋を同時に取って右に置く。
●湯斗の取っ手の中に左手の親指を入れて持ち、湯の子掬いで飯碗、汁椀に入れ、次客に手送る。
●たくあんで飯碗をさらって食べる。5
後始末
●食べ終わったら、汁椀のお湯で箸を清め、その湯を飯碗にあけて飲む。
●その後、両椀の蓋、椀の中、箸先、向付の順にティシュで清める。箸は膳の右縁にかけるように置く。
●飯碗の蓋は仰向けにし、盃を蓋の上に乗せておく。
●連客も終わったのを見計らって、目で合図をし、一斉に箸を落として音を鳴らす。
●亭主が音を聞いて入って来て、「どうもお粗末さまでした」と言うので、「ごちそうさまでした」。
●亭主が膳を下げに入って来る。正客は膳を向こうに出して一歩進んで亭主に渡し、一歩下がって主客一礼。
主菓子
●亭主が縁高を持って入り、正客前におく。茶道口まで出たら総礼。
●亭主「席を改めとうございますので、中立を」 正客「それでは中立させていただきますが、ご用意が整いましたらお鳴りもので」 亭主「ことによりましては」
●次客に「お先に」と言って、縁高をおしいただき、最下段を残してずらし、楊枝を一本いれて、上の段を次客に回す。
●菓子を懐紙の上に取り、器を次客に送る。
●一同で菓子をいただく。

中立

●食べ終わったら、次客に「それでは」と言って、掛け軸、釜の順に見て、にじり口から退室。この掛け軸はこの時が最後の見る機会である。腰掛け待合へ。
●座って待ち、銅鑼がなったらしゃがんで静かに聴く。鳴り止んだら座り直す。
●「お先に」と言って、つくばいへ。
●つくばいでは初入りと同じ。

後入り(濃茶と薄茶)

●初入りと同様。掛軸は新しいものになっており、花入もある。
●掛け軸、水指、釜の順に見て席につく。
濃茶
●一口飲んで挨拶のとき、お茶、お菓子のことを聞いた後、花や花入について訊く。
●詰めが吸い切った時、茶碗の拝見を請う。5
薄茶
●通常通り。

最後の挨拶

●薄茶のあと亭主が退室し、また入って来て、一人ずつ挨拶。「本日はおもてなしにあずかり、まことにありがとうございました。大変楽しく過ごさせていただきました」
●お詰めの挨拶のあと、一歩前に出て、「どうぞお見送りはご無用に」
●亭主が茶道口を出た後、連客に「今日はありがとうございました」と言って、床の間、炉辺を拝見のあと、退室し、待合へ。
Pocket


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる道具

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う道具

柄杓

蓋置

建水

水指

お湯まわりの道具

風炉

道具を置く道具

敷板

古帛紗

貴人台

茶器類

茶入

仕覆

薄器

炭手前の道具

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用道具

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

崇庵バナー