道具

道具の扱い:蓋置

更新日:

釜の蓋を置くためのもの。柄杓を引くときにも使います。

竹の蓋置

●炉用は、節が中程にあるもの。
●風炉用は、節が上。
●柄杓を引くときに、音を立てます。
●棚物には用いない。お運びのみ。

利休好みの七種の蓋置

●穂屋香炉、一閑人、三つ人形、かに、さざえ、五徳、三つ葉の7つ。
●柄杓を引くときに、音を立てない。
●お運びには用いない。棚物に使用します。

かに

●建水の中でも、柄杓を引くときも、かざるときも、頭が手前。

さざえ

●建水の中では、底を上に向け、とがったほうを火に向けて一手で置けるように入れておきます。
●棚にかざるときは、右手でとって左掌にのせ、右手で返してとがったほうを火に向けておきます。

一閑人

●建水の中でも、柄杓を引くときも、かざるときも、人形がこちらを向くように。
●建水から取り出すとき、柄杓を構える前に、左手で柄杓の柄を持ち上げ、右手で一閑人を取り、左掌にのせ、人形の頭が火に向くように倒して置きます。それから柄杓を構えずに蓋置に引きます。
●棚にかざるときは、人形を起こし、こちらを向くように置きます。

穂屋香炉

●台子総荘、長板総荘以外には使いません。
●客が奇数の場合は、一つを手前に、偶数の場合は、二つを手前に。
●釜蓋をのせるときは、穂屋香炉の蓋を開けて重ねる(台子総荘を参照)。
●蓋をあけるときは、左から右へ。しめるときは右から左へ。

三つ人形

●建水の中でも、柄杓を引くときも、かざるときも、三人のうち服装のちがう人形を手前に。

三つ葉

●建水の中でも、柄杓を引くときも、小さい方の葉を下にし、手前に一枚の葉が手前に。
●かざるときは、左掌で返して、大きい方の葉を下にし、一枚の葉が向こう側に。

五徳

●風炉や炉のなかに五徳を使っていないとき(透木釜や釣釜など)に用います。
●建水の中と、柄杓を引くときは、輪を上にし、一本が向こう側になるように。
●かざるときは、左掌で返して、輪が下に、一本が向こう側になるように。
●台子総荘、長板総荘で使うときは、建水に輪が下になるように入れ、穂屋香炉と同じように扱います。

Pocket








comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

◎お点前リスト

入門

盆略

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う

柄杓

蓋置

建水

水指

湯を沸かす

風炉

道具を置く

敷板

古帛紗

貴人台

茶を入れる

茶入

仕覆

薄器

炭手前

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

◎姉妹サイト
崇庵バナー