道具

道具の扱い:棚

更新日:

丸卓

小棚のひとつ。天板と地板が丸く、二本柱。

●利休好み、宗旦好みの2種がある(図は利休好み)。
●利休好みは、桐木地で、底に三つ足がついている。柱は内側に付く。
●宗旦好みは、黒塗り一閑で、底に足はなく、柱は外側に付く。
●扱いはどちらもおなじ。
●以下の手順は、炉、風炉共通。

荘りつけ

●濃茶も薄茶も、天板に薄器を荘りつける。

仕覆の位置

●濃茶の仕覆は、天板の薄器の前に置きます。

水注ぎ

●二本柱の棚なので、水指をおろさないで水を注ぐ。
※ゆえに水注ぎは腰黒ではなく片口を使います。

荘り残し 濃茶の場合

●濃茶の荘り残しは、薄器を右奥にずらし、柄杓は合を伏せておき、蓋置を左手前に置きます。

荘り残し 薄茶の場合


●濃茶同様、柄杓は合を伏せておき、蓋置を左手前に置きます。薄器もかざる場合は、濃茶のように薄器を右奥に。

荘り残し 総荘の場合


●茶筅通しで茶碗を拭いたあと、茶巾を建水の上で絞り、たたみかえて茶碗に。
●通常どおり、仕込み茶碗にし、本じまいにします。
●水蓋を閉めたら、柄杓をとって天板に伏せる。蓋置は水指正面に。
●一膝進んで、茶碗と薄器を同時に天板にあげる。
●建水を持ってさがります。
●水注ぎを持って入り、水を注いだら、腰の帛紗をさばいて右手で水蓋にかざる。
※このとき、帛紗を帽子に折ってかざってもよい。

桑小卓

中棚が低い位置にある四本柱の棚。平建水を使います。

・水指は細めのもの。
・四本柱の棚は水指をおろして水注ぎ。
・柄杓は勝手付向こうの柱に合を伏せ、柄の端は手前の柱に添えるように立てかけます。

●濃茶、薄茶ともに、天板に薄茶器、中棚に水指をかざる。
●お点前のあと、柄杓を勝手付奥の柱に右手で立てかける(柄は手前側に柱に)。蓋置は水指左手前に。
●仕覆は天板の左手前に置きます。
●拝見の所望で、柄杓を構え、蓋置を建水の上座に右手で置き、柄杓を蓋置に上向きにひく。

水注ぎの手順

●水注ぎ(腰黒がよい)を持ち出し、棚の正面に座ります。
●蓋置を地板の中央に置きます。
●水指を下ろし、二手で蓋を開け、水を注ぐ。

建水をかざる

●水注ぎのあと、水指を戻したら、蓋置も戻し、水注ぎを持ってさがります。
●清めた建水を持ち出し、棚正面に座り、ひざ前に置き、蓋置を建水の中、手前側に右手で入れ、両手で建水を地板に入れます。
※このとき、少しだけ建水がはみでるように入れます。

更好棚

桐の掻合塗爪紅の二重棚。

荘りつけ

●地板に水指、中棚に薄器をかざる(濃茶/薄茶で共通)。

仕覆の位置

●脱がせた仕覆は天板の真ん中に。

水注ぎ

●四本柱なので、水注ぎは水指をおろして注ぐ。

荘り残し

●荘り残しは、中棚の薄器を天板に移し、柄杓の合を仰向きに、向こう側の合は左から三分の一、手前側の柄は右から四分の一あたりに斜めにかざる。蓋置は柄杓の左手前に。

●総荘りでは、柄杓、蓋置を中棚に、茶碗、薄器を同時に天板に、水注ぎのあと、帛紗を水蓋(塗蓋)の上にかざる。

四方棚

四方棚(よほうだな)は小棚のひとつ。桐木地の二本柱。炉で使います。

荘りつけ

●濃茶も薄茶も、天板に薄器を荘りつける。

仕覆の位置

●濃茶の仕覆は、天板の左手前かどに置きます。

荘り残し 濃茶の場合

●濃茶の荘り残しは、薄器はそのままで、柄杓は合を仰向けに天板の左に縦に置きます。蓋置は地板の左手前かどに置きます。

荘り残し 薄茶の場合

●柄杓は仰向けで斜めに置き、蓋置を左手前に置きます。薄器もかざる場合は、丸卓のように薄器を右奥に。

荘り残し 総荘の場合

●茶筅通しで茶碗を拭いたあと、茶巾を建水の上で絞り、たたみかえて茶碗に。
●通常どおり、仕込み茶碗にし、本じまいにします。
●水蓋を閉めたら、柄杓をとって天板に仰向けに置きます。蓋置は水指左手前に。
●茶碗と薄器を同時に天板にあげる。
●建水を持ってさがります。
●水注ぎを持って入り、水を注いだら、腰の帛紗をさばいて右手で水蓋にかざる。
※このとき、帛紗を帽子に折ってかざってもよい。

水注ぎ

●二本柱なので、水指をおろさないで水を注ぐ。
※ゆえに水注ぎは腰黒ではなく片口を使います。

台子

台子(だいす)は畳の幅の四本柱の棚。

●台子は真台子、行台子、及台子の3種。

真台子:ヒノキの真塗り、皆具を使用
行台子:木地、竹柱
及台子:真塗りの足二本

御園(みその)棚

立礼で使う棚のひとつ。

※棚の場合、湯返しといって、最後の水一杓のあと、すぐに釜の湯をすくって注ぐ。これは、棚に柄杓を荘るのに、水に濡れた柄杓を乾きやすくするために行なう。

Pocket








comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

◎お点前リスト

入門

盆略

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う

柄杓

蓋置

建水

水指

湯を沸かす

風炉

道具を置く

敷板

古帛紗

貴人台

茶を入れる

茶入

仕覆

薄器

炭手前

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

◎姉妹サイト
崇庵バナー