小習後八ヶ条

盆香合

更新日:

炭手前初炭で、由緒ある香合を使う場合に、盆に乗せて出す手前です。

盆香合

●香合は炭斗に入れずに、小さい盆に乗せておきます。
●炭斗の中には、香合以外は通常の炭手前のとおりに道具を組みます(香合台も)。

炭手前

●「後掃」までは通常の炭手前初炭の手順でおこないます。
●通常の炭手前初炭では「後掃」のあとお香を火に焚べますが(「掃いて香たく」)、盆香合では、ここで灰器を持って下がり、香合をのせた盆を持ち出します。
※炉では、「後掃」のあと、炭斗を釜の下座に置いてから、灰器を持って勝手に下がります。

盆香合は、左手は盆、右手は香合に添えて持ちます。

●持ち出した盆香合は、風炉では炭斗の前、炉では炉の下座に置いて炉正面にずれます。
●両手で香合を取り、蓋をとって盆に乗せ、お香を火に入れ(風炉では手で二個。炉では、練香なので火箸を使います)、蓋を閉めて両手で盆に戻します。
○ここで正客から「お香合の拝見を」。
●盆を持って客付きに回り、右繰りして出します。一膝下がって、両手をついて控え、正客が取りに出るのを待ちます。
○正客は取りに出て、縁外の右方に置きます。
●亭主は一膝進んで、釜に鐶をかけ、釜を上げた位置まで寄せ、鐶をはずし、一旦下がって、水注ぎを持ち出します。
※炉では、鐶をかける前に炭斗を炉の右に戻しておきます。

水注ぎ

後炭同様に、釜に水を注ぎ、釜蓋、胴を拭いて、水注ぎを持って下がります。
○亭主が釜を拭くところで、正客は次礼をして盆を正面に置き、古袱紗を出して拝見します。
●亭主は再び入り、釜をかけ、炭斗を持って下がります。

拝見の挨拶

●香合が戻ると、亭主は入り、拝見の挨拶。
●挨拶が終わると、盆を持って下がり、茶道口で一礼します。
※初炭で盆香合をおこなった場合は、後炭では別の香合を使います。

Pocket


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる道具

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う道具

柄杓

蓋置

建水

水指

お湯まわりの道具

風炉

道具を置く道具

敷板

古帛紗

貴人台

茶器類

茶入

仕覆

薄器

炭手前の道具

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用道具

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

崇庵バナー