特殊点前  , ,

名水点

更新日:

各地にある名水を使うお点前です。夏に濃茶でおこないます。

1 準備

●水指は木地の釣瓶。湿らせておき、名水であることを示すために、水指にシメ飾りをします。前後二つ、両横一つの幣をつけ、勝手付向こう側の角で結びます。

●風炉の横に釣瓶を据え、前に茶入を荘ります。

2 道具のセッティング

●柄杓引いて総礼のあと、正客から「名水をご心配いただいたようでございますが、お水を頂戴いたしたい」と所望されます。
●通常通り茶入、茶杓を清め、茶巾をのせ(釣瓶の左蓋手前寄り)、茶巾がのったまま水蓋を開け、人数×2口分の水を茶碗に入れ(水は水指に戻さないので人数分きっちり入れます。ふたりなら柄杓に半分くらい?)、客に出します。※釣瓶の蓋の扱いはこちらで。
●次客が飲んでいるときに正客から名水の由来などを訊かれるので、亭主は居前のまま応えます。
●茶碗が戻ったら湯を入れて捨て(ここではじめて釜蓋をあける)、もう一度入れて茶筅通し。
●以降は通常どおり。

3 水指を持ち帰る

●お点前が終われば、釣瓶を水屋にさげます。さげかたは、こちらを参照。
●柄杓を荘る場合は、水指ページの釣瓶の項目を参照。 

Pocket


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる道具

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う道具

柄杓

蓋置

建水

水指

お湯まわりの道具

風炉

道具を置く道具

敷板

古帛紗

貴人台

茶器類

茶入

仕覆

薄器

炭手前の道具

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用道具

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

崇庵バナー