入門

千歳盆

更新日:

裏千家十四代淡々斎の還暦祝いに夫人が考案したお点前です。

千歳盆

1 準備


●千歳盆点前では、古帛紗より一寸ほど小さい、敷古帛紗を使います。
●千歳盆には、仕込み茶碗を手前、棗を奥、敷古帛紗を左側に入れておきます。
●点前畳中央に鉄瓶をかけておきます。
●盆の上にさばいた帛紗を荘っておいてもよいです。

2 道具の運び出し


●①千歳盆を持って入り、正面に。
●②建水を持ち出し、居前を正します。(建水の上げ下げなし)

3 道具を清める


●千歳盆を勝手付に置き、蓋を左から右に打ち返して膝前に置き、袱紗さばいて、左を持ち上げ、三の字に清めます。
※打ち返す時、左手の上から右手を被せるような感じで。

●①棗を清め、蓋の奥、左寄りに置きます。
●②茶杓を清め、蓋の4時の位置に。
●③袱紗を「左手で」盆と建水の間に仮置き。(千歳盆では袱紗は毎回左手でとります)
●④その手で古帛紗を取り、右手で蓋の上に広げ、茶碗を両手(右手で持ち、左手を添える感じ)で取り出して置きます。
●⑤茶筅を棗の右、茶巾を3時の位置に置きます。
●袱紗を左でとって右手で鉄瓶の蓋を閉め、茶碗に湯を入れ、茶筅通し。

4 お茶を点てる

●通常通り、茶を点てて出します。
※棗の蓋は4時の位置に。
※正客一口で袱紗を腰につけません。

5 しまう


●①茶筅通しのあと、茶巾、茶筅を茶碗に入れたら、両手で盆の中に。
●②敷古帛紗を2つ折りにして、左手で盆にしまいます。
●③茶杓を清め、茶碗にのせます。

●①棗を蓋中央に置き直してから、袱紗をはらい、右手に持ち替え、②鉄瓶の蓋を切って腰に。

6 拝見


●①拝見の所望で、棗ごと蓋をもって客付に回ります。
●②棗を清めたら蓋の中央右寄りに置き、袱紗腰。
●③瓶掛正面に回って茶杓をとり、客付に回り棗の左に。
●④盆を置いたまま、右向こう、左手前と2回回して⑤出します。
●建水を持って下がります。
●拝見の挨拶を終えると、①蓋を持って瓶掛正面にまわって置きます。
●②棗を千歳盆に入れ(盆の左に手をかける)、③茶杓を茶碗にのせます。
●④蓋を右から左と打ち返して、千歳盆に。

●①千歳盆を瓶掛正面に置き、②持ち直して、茶道口に下がります。

Pocket


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる道具

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う道具

柄杓

蓋置

建水

水指

お湯まわりの道具

風炉

道具を置く道具

敷板

古帛紗

貴人台

茶器類

茶入

仕覆

薄器

炭手前の道具

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用道具

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

崇庵バナー