小習後八ヶ条  

点前の手順:包帛紗

更新日:

なつめを濃茶に使うときに帛紗で包むお点前です。

包み方

●帛紗をひし形に置きます。※わさが左手前。模様がある方を奥の裏側。
●中なつめを中央に置き、手前、奥の順にかぶせ、左の端を上にして左右を結び、二度目は逆に結びます。

解き方

●結び目を一つ解いたら、半月に持って左掌に乗せ、右側を引っ張って解きます。
●向こう、手前と開き、右手でなつめを持ち、左手は折り目に従って持ちます。
●右向こうの角(わさの向こう側)を右手でとって、通常の四方捌きをします。
●以降、通常どおり。
※茶は三杓で残りは搔き出します。

拝見

●拝見に出すときには、茶入の扱いで清めます。

Pocket








comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う(柄杓/建水など)

柄杓

蓋置

建水

水指

湯を沸かす(風炉/炉/釜)

風炉

道具を置く(敷板/棚など)

敷板

古帛紗

貴人台

茶を入れる(茶入/仕覆/薄器)

茶入

仕覆

薄器

炭手前

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸




◎姉妹サイト
崇庵バナー