茶箱  

点前の手順:月

更新日:

月点前は茶箱の一つ。器据、小羽根、ウグイス、香合、火箸を使います。

1 仕込み

画像

  • <茶箱>
  • 仕覆に入れたなつめを茶碗に入れ、袋に入れて長緒に結び、箱に。
  • 振出し、筅筒、ウグイスをさした巾筒を箱に。
  • 掛合に古帛紗を敷き、香合、小羽根、茶杓袋を置き、帛紗を乗せます。
  • <火箸>
  • 火箸を敷板の手前に置いておきます。

2 道具の運び出し・セッティング

1)運び出し

器据・箱の運び出し、建水の運び出し

●器据を敷いた箱を持って入り、瓶掛け正面に置きます。
●建水を持って入ります。

2)お点前の場を作る

箱、器据、箱の蓋を所定の位置に

画像●①器据の上の箱を勝手付に。
●②器据を広げます(左を上げてW字に広げる)。※左右に充分に張り、最後に図の3点をVの字に押さえます。
●③箱蓋を鉄瓶の右に置きます。

器据を清める


●帛紗を右でとって左手に握り込み、小羽根で器据を掃き清め(①三文字+②右端板を右上から左下に)、③蓋に置きます。

3)道具を所定の位置に

香合

●①掛合をおろし、②香合をとり、蓋を開け、火箸で香をとって焚きます。蓋を閉め、箱蓋に。
※火箸は突きません。食事の時のように扱います。
●③振出を出して総礼。

掛→香→振出→総礼→茶碗で覚えます。

※古帛紗は掛合に置いたまま。

茶碗、なつめ、茶杓、筅筒、巾筒

●①茶碗をとり出し、袋から出し、袋は箱に戻します。②なつめも同様に出します。

袋入りの茶碗は右手で掴むように取り、左手は添えるのみ。

●③茶杓を袋から出し、袋は箱に入れます。
●④筅筒を左でとって右で置き、⑤巾筒を左でとって左で置きます。

掛合、茶箱、建水

●掛合を箱に乗せ、箱・建水の順にずらし、居ずまいを正します。

3 道具を清める

なつめ・茶杓→鉄瓶の蓋

●なつめ・茶杓の順に清めます。

ほかの茶箱と違い、茶筅は別の場所に置くので、なつめは同じ位置に戻します。

●帛紗で鉄瓶の蓋をしめます。

茶筅通し

●①茶筅を茶碗にあずけ、②巾筒をとってウグイスを寝かせ、③茶巾をその手前に寝かせます(耳が左)。

●①茶碗に湯を入れたら②茶巾をたたみ直し(全茶箱共通)、③ウグイスを穴に差します。

茶巾をたたんでからウグイス。順番に注意!

●茶筅通しをおこない、①茶筅はウグイスに立て、湯を捨て、②茶巾で拭いて戻します。

4 茶を点てる

●通常どおり。
※なつめの蓋は元の位置に。

5 しまう(拝見がない場合)

1)古帛紗・振出しを取り込む

●おしまいのあいさつのあと、古帛紗を掛合に。振出しを右ひざ横に仮置き。

2)道具を清める

茶筅通し

●茶筅通しのあと、①茶筅はそのまま筅筒に入れ、右手で元に。
●②ウグイスを寝かせ、③湯を捨て、茶巾で拭き巾筒に入れ、ウグイスをさし、左で元に。

ウグイスを寝かせるタイミングに注意! ここで寝かせないで湯を捨てると、そのまま茶巾で拭くので、寝かせる機会がないのです。

茶杓を清め→建水・茶箱

茶碗などをしまう前に、建水と箱をさげるのですが、その前に茶杓を清めておく必要があります。茶碗を乾かす時間を作るためでもあります。

●茶杓を清め、帛紗を建水ではらって元に。
●建水、箱を順に引きます。

3)順番にしまう

茶杓・なつめ・茶碗を袋に

●掛合を箱の手前におろします。
●茶杓を袋に入れ古帛紗に。
●なつめ、茶碗を袋に入れます。

箱にしまう

●①筅筒、巾筒、②茶碗、③振出を箱に。

●①香合を掛合にのせ、②掛合を箱に戻します。

茶箱・器据


●①帛紗を左に握り、②小羽根で器据を掃き清め(最初と同様)、掛合に。
●帛紗で鉄瓶の蓋を切り、捌き直して箱に。


●箱の蓋をしめ、器据をたたみ(①両側をたたみ、②右側を左に)、箱を乗せます。

4)さがる

●建水、箱の順に茶道口にさげ、総礼。

6 道具の拝見

1)拝見の前に

古帛紗

●古帛紗を掛合に。

茶筅通し

●茶碗に湯を入れ茶筅通し。
●茶筅を戻します。
●湯を捨て、茶巾で拭きます。
●茶巾を茶碗に残したまま、器据に。

道具の仮置き

画像

●①茶筅を茶碗に入れます。
●②ウグイスを寝かせます。
●③建水をさげ、④箱をさげます。
●⑤古帛紗を箱の奥に敷き、茶碗を仮置き。

2)拝見

掛合・なつめ・茶杓

画像

●掛合を出します。
●①なつめを清めて掛合に。
●②茶杓を清めて掛合に。③帛紗ははらって元の位置に。
●④香合を掛合に。
●掛合を正面を向けて出します。

茶箱

画像

●①茶筅筒、茶巾筒を箱に。
●②小羽根を器据に移し、③箱の蓋をしめます。
●④箱を客付きに出します。

一旦さがる

●帛紗を左手に握り込み、小羽根で器据を掃き清めます。
●器据をたたみ(まず両端を本を閉じるように閉じ、山折にして左を下にする)、勝手付に置きます。
●小羽根と帛紗をその上に。
●建水を持ってさがります。

拝見の挨拶

●通常どおり。

7 しまう(拝見のあと)

1)道具を取り込む

取り込む

●掛合→瓶掛け右寄りに。
●茶箱→勝手付に。
●振出し→掛合の右に。
●箱のふた→正面に。

2)順番にしまう

茶筅・茶巾

●茶筅→筒に入れ、箱に。
●茶巾、ウグイス→筒に入れ、箱に。

茶杓

●袋、茶杓→順にとり、袋に入れ掛合のふちに。

なつめ・茶碗

●仕覆→なつめを入れ、ふたの向こう寄りに。
●茶碗→三手でなつめの手前に。
●古帛紗→二つ折りに。
●なつめ→茶碗に入れ、茶碗→ふたの中央に。
●茶碗→袋に入れ長緒に結んで箱に。

振出し・茶杓

●振出し→箱に。
●茶杓→中に落し入れます。

古帛紗・掛合・帛紗

●古帛紗→茶杓の上に。
●掛合→箱にかけます。
●小羽根→古帛紗の上に。
●帛紗→鉄瓶の蓋を切り、捌いて掛合に。

茶箱・器据

●ふた→箱→器据と重ねて、正面に。

さがる

●盆→持ってさがり、茶道口で総礼。

Pocket








comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う(柄杓/建水など)

柄杓

蓋置

建水

水指

湯を沸かす(風炉/炉/釜)

風炉

道具を置く(敷板/棚など)

敷板

古帛紗

貴人台

茶を入れる(茶入/仕覆/薄器)

茶入

仕覆

薄器

炭手前

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸




◎姉妹サイト
崇庵バナー