道具

道具の扱い:薄器

更新日:

薄茶を入れる容器

画像

なつめ

●中なつめ:もっとも標準的ななつめ。
●小なつめ:小ぶりのもの。包帛紗などで濃茶に使います。
●平なつめ:平たいもの。
●甲赤なつめ:蓋が赤いもの。
●老松なつめ:平たく、蓋が割蓋のもの。水指前に置くときは、割蓋が縦になるように。茶杓は火の方に。茶をすくうときは縦にすくう。拝見に出すときは、「り」ぶきのあと、蓋を開け、合口を縦に拭きます。


画像

画像

画像
甲赤
画像
老松
画像
持ち方 半月 左手で半月に取って、右手で茶碗を持つように持ち、左掌にのせます。
清め方 こぶき甲ぶき 二引 こぶき甲ぶき 二引 帛紗を縦に持ち「り」の字に
蓋の位置 右膝頭に 茶碗と膝の間に 左掌にのせ、左手親指で蓋を軽く押さえ、右手で蓋の右側を開ける

なつめ以外

中次(なかつぎ)

画像

持ち方 胴を横から
清め方 二引
蓋の位置 茶碗と膝の間に

●ほかに、薬器、寸切、茶桶なども同じ扱い。

替茶器

●白オランダ、膳所焼広口、高取焼あんこうなど。
●なつめの茶がなくなったときに予備として用意する茶器で、陶磁器を使います。
●これらは最初から薄器として使ってもよい。

四滴

●水滴、油滴、手瓶、つる付の四種の陶磁器。

水滴、油滴、手瓶
画像
つる付
画像
置き方 口が向こう、手が手前になるように つるを横向きに
茶杓 火の方に つるの間、火の方に
持ち方 胴を横から、口が向こう、手が手前に 胴を横から、つるを横向きに
清め方 二引 つるの手前を一文字に拭き、帛紗を握り込み、つるの向こう側をお茶碗持ちして手前に半回転し、右側を縦に拭きます。
茶の入れ方 口が茶碗を向くように 左手で胴を手前から持ち、茶碗のそばに持ってくるとつるが縦になる
蓋の位置 茶碗と膝の間に 茶碗と膝の間に
拝見 口が自分、手が客を向くように出す 清めたあと、蓋を開け、右側を縦に清めて、蓋を閉め、つるを横にして出す

Pocket








comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

◎お点前リスト

入門

盆略

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う(柄杓/建水など)

柄杓

蓋置

建水

水指

湯を沸かす(風炉/炉/釜)

風炉

道具を置く(敷板/棚など)

敷板

古帛紗

貴人台

茶を入れる(茶入/仕覆/薄器)

茶入

仕覆

薄器

炭手前

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸

◎姉妹サイト
崇庵バナー