入門  , ,

平点前(薄茶)

更新日:

あらゆるお点前の基礎となるお点前です。

薄茶点前(風炉/炉)

1 準備

●水指、仕込み茶碗、仕込み建水を用意します。

2 道具の運び出し

●水指を建付けに置き、総礼。  

 

●水指を持って入り、置きます(風炉/①風炉の右側に、炉/①畳中央に)。
●右手で棗、左手で仕込み茶碗を持って入り、②水指前に置きます(風炉、炉とも)。
●仕込み建水を持って入り、居前に座り、③手なりに置きます(風炉、炉とも)。

 

●柄杓をとって構え、蓋置を(風炉/敷板の角、炉/炉の右)に置き、柄杓を斜めに引きます。
●建水を(風炉/ひざのラインまで、炉/炉ぶち半がかり)進め、居ずまい正して、一呼吸。

3 道具を清める


●仕込み茶碗をひざ前に取り込み、
●棗をさらに手前に取り込んだら、帛紗をさばいて清め、(風炉/水指前左側、炉/水指と炉の間)に置きます。
●茶杓を清め、棗の上に置きます。
●茶筅をとって、棗の右に置きます。
●茶碗を手前に引きます。 

茶碗を手前に引くのを忘れがちなので、注意しましょう。

茶筅通し

●柄杓を構えて釜蓋を蓋置に移し、茶巾をその上に置きます。
●茶碗に湯を入れます。
●茶筅通しをして、湯を建水に捨て、茶巾でふきます。

4 茶を点てる

●茶杓をとって、「お菓子をどうぞ」。
●棗を左手でとって、ふたを右ひざ前に。
●茶を入れたら、ふたを閉め、元の位置に。
●その手で水蓋を開けます。
●湯を入れ、茶を点てて出します。

5 茶碗が戻る

●茶碗が戻ったら、ひざ前に取り込み、湯を入れ、建水に捨てます。
●おしまいのあいさつがあれば、茶碗をひざ前に置いて、「それではおしまいに致します」。

6 しまう

●水指の水を入れ、茶筅通し。
●水を捨て、茶巾を入れて、茶碗をひざ前に置き、茶筅を入れます。
●茶杓をとって、建水を引き、帛紗をとって清め、茶碗にのせます。
●帛紗を建水の上ではらい、腰につけます。
●棗と茶碗を置き合わせます。
●水指の水を一杓、釜に差し、釜蓋を切り、柄杓を蓋置に戻します。
●水蓋をしめます。このとき、拝見の所望があれば、柄杓、蓋置を建水に。
●所望がなければ、柄杓、蓋置をとって、建水を持ってさがります。

7 拝見

●茶碗を右手で勝手付に仮置き。
●棗をとって客付きにまわり、清めて出します。
●(風炉/居前、炉/水指正面)に戻り、茶杓をとって、(風炉/客付き、炉/居前)から出します。

茶杓を取る位置、出す位置が風炉と炉でちがうので、注意!

●仕込み建水、仕込み茶碗、水指の順に持ってさがります。

8 さがる

●拝見が終わった頃、入り、客付きに座ります。
●棗、茶杓について訊かれるので答えます。
●棗、茶杓を持ってさがり、茶道口で総礼。

Pocket


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




◎お点前リスト

入門

盆略

千歳盆

平点前(薄茶濃茶

替茶碗

炭手前 風炉(初炭/後炭)

炭手前 炉(初炭/後炭

炭手前 続き薄(風炉/炉)

棚物

台子総荘(風炉/炉)

長板総荘(風炉/炉)

長板一つ置

長板二つ置

大板常据

特殊点前

中置

流し点

名水点

続き薄

葉蓋

洗い茶巾

透木釜

台目ずえ

台目出炉/向切/隅炉

筒茶碗

しぼり茶巾

立礼

四畳半逆勝手

大炉

釣釜

小習

貴人点

貴人清次

茶入荘/茶碗荘/茶杓荘/茶筅荘

長緒茶入

重茶碗

包帛紗

入子点

大津袋

壺荘

炭所望

花所望

盆香合

軸荘

茶箱

卯の花

和敬

色紙

番外編

聞香の手順


◎お道具リスト

茶を点てる道具

茶碗

茶杓

茶筅

茶巾

帛紗

湯・水を扱う道具

柄杓

蓋置

建水

水指

お湯まわりの道具

風炉

道具を置く道具

敷板

古帛紗

貴人台

茶器類

茶入

仕覆

薄器

炭手前の道具

炭斗

羽箒

火箸

灰匙

灰器

釜敷

香合

菓子用道具

お菓子

縁高

懐紙

黒文字

ようじ

その他

花入

掛軸